BLOG

テレパシー時代の始まり

2020/08/01 
あなたへのメッセージ

79.jpg

 

皆さん、こんにちは。聖香です。
 

以前断捨離をしたお話をしたと思います。そこからまた新しい気持ちの変化があったのでお伝えします。
 

断捨離後、部屋のどこを見ても気持ちが良くて見るたびに気分が上がります。
そうなるとこの部屋に合うお花でも飾ろうか、この空間には丁寧に入れたコーヒーが似合うなといった感じで部屋に対してものすごく愛着が湧くんです。独り暮らしにしては部屋数も多くてドアのデザインなんかも好きなタイプで、これまでも大好きだったんですがそれが増した感じ。

そしてこの空間に聞かせてあげたい音や香りも変わってきています。私はもともとテレビっ子で、子ども時代からセラピストの仕事をするまでテレビなしなんてありえませんでした。しかしスピリチュアルな学びをするための場所に行くと必ず音叉やティンシャ、シンギングボウルやクリスタルで空間が浄化され、しかもアロマの香りでリラックスした空間を作っていらっしゃる方が多いのですっかり気に入ってしまいました。

この仕事を始めてからはテレビを見る機会が減っていましたが、また最近の報道がひどいので更にシャットダウンとなっています。
その代わりにカフェで流れる音楽や自然の音をBGMとして、その日の気分のアロマを焚くようになりました。香りというのは私たちの脳に直接影響を与えるものだとアロマの資格を取った時に習いましたが、本当に気持ちが晴れやかになります。さわやかな柑橘系の香りは食欲を抑えるとも言われているので無駄に食べたくなったら「香り」と心がけています。不思議と部屋が明るくなった気がしています。

あとこのホームページの断捨離もしたいと思っています。「お客様のご感想」などはやはり使いませんでした。ライタリアンプログラムを初めて知った方は「どんなエネルギーだろう、どんな変化があるのかな」と参考にされるだろうと思って入れておいたのですが、私としてはお客様からのラブレターを公開している気持ちになって恥ずかしいんです(笑)また変化はその方によって様々なものが現れるので事前情報なしであなた自身が感じたものを大切にして頂きたいという意味でもあります。


このブログでお伝えしているイメージや例えているものは、お客様とのセッション中に見えたもの、または瞑想中、レイキ中に見えたものです。
ですから「うーん、これをブログに載せると変人に思われるかも」というところもありました。特にコロナが流行り始めた頃に「地球を一人の体として、そこに住む私たちの思考が地球に風邪をひかせた。その結果がコロナ。それを変えるには私たちが愛を送る」という考えを書いたときも、私のブログを見慣れている方だけお読み下さいと書いた気がします。

ところがその後、そのような例えをしている方がいらっしゃるのを発見。
そして私が良く浮かぶイメージがあるのですが、嫌な相手と自分は「親指と小指の関係」や「胃と腎臓の関係」というものですが、先日それを言ってらっしゃる別の方も発見。

昔からある考えなのかもしれませんが、私のイメージは他からの情報ではありません。

これは「ラジオやテレビのチャンネルを合わせればその情報が手に入る」みたいな現象なのでしょう。
今回同じイメージを受け取っている私たちは、宇宙の特定の周波数に合わせていたんでしょうね。


今世界的にコロナで自粛中です。いつもは言葉という音を耳で聞いてコミュニケーションを取って、ハグといった触れる感覚を通して愛を確かめ合っていますが、それができない今「大切なあの人はどうしているかなあ」と心で思うことはテレパシーを送っていることと変わりありません。どんな返事が返ってくるか想像してみる遊びもいいですね。遊びなので間違いはありません。

これから次元が上がっていくことを考えたら、今はテレパシー能力を高める練習中だったりして。
そのための強制STAY HOMEならこれを機会にみんなで楽しく練習してみませんか。
私たちは見たい世界を作っていけると思うんです。

 


 

 

 

 

 

 

前の記事
  ブログ一覧へ戻る

  次の記事