BLOG

ライタリアンゲートウェイ・ブルーアパタイト

2018/09/23 
ライタリアンプログラム

こんにちは。聖香です。

先日ライタリアンゲートウェイ3つめのレベル、ブルーアパタイトゲートウェイを受けましたのでその様子をお伝えします。
まず瞑想文が始まると私の体の左後ろに温かいエネルギーを感じこのアチューンメントが守られているなとわかりました。そしてブルーアパタイトを私の喉に収めてもらう時のビジョンですが、身長の高いガッシリした男性が私の喉をレーザーでスッと切ってきれいな石を入れてくれました。送ってくれた側のセラピストさんのビジョンはシリウス人2人が現れ、箱の中から私に合う大きさのものを探すために指でガサゴソと転がしながらサイズチェックをしていたそうです。そしてわりと大きめの石に決めたようでしたとのことでしたので、それでレーザーで喉を切開したのでしょうかと仰っていました。

喉のチャクラはコミュニケーションを司る場所、セラピストには大切な場所です。感じたメッセージを自分の意識を加えずに言葉に変換するのってなかなか大変です。また言うべきことを言わないのもダメですしね。喉のチャクラは常に浄化しておきたいです。

またこのアチューンメントに備え待機している時間に、レベル1の時のビジョンを思い出してハートチャクラがモヤモヤザワザワしてきて落ち着かせているところに電話が鳴りました。その時のビジョンとはアトランティス時代崩壊の大洪水のものです。水面が近くに見えましたしプカプカ浮かんで揺れている景色でしたので、たぶん私はイルカにシェイプシフトしたのではないかということです。確かに身長のわりに手足が短いのもその頃の名残でしょう。

アトランティス崩壊の原因は人間が自分たちのパワーを過信し遺伝子操作や核実験、天気までも支配しようとしていたためです。そして大洪水によりたくさんの命が失われました。力の乱用は現在の私たちと同じですし最近の異常気象も警告のようでちょっと気になります。私たちは今競争ではなく調和の世界にいます。その中で自分がどう生きるかを真剣に考えなくてはなりませんね。

 

それでは今日もプチリーディング。
ハイヤーセルフと一体となるためには瞑想が不可欠だと思いますが、簡単に皆さんができるような事はありませんかと聞いてみました。
大天使ラファエルカードは健康に関するメッセージが得意なのですが、気になったので手にとってみました。
「瞑想」「セカンドオピニオン(別の医師の診断)」「エネルギーの増進」そしてボトムカードが「YES!」でした。

瞑想以外にと聞いたのに瞑想のカードが出てきてしまいましたが、皆さんが思っている蓮華座で座ってじっとしているだけが瞑想ではないという事を伝えればいいのだと思いました。そしてセカンドオピニオンは「または」の意味で捉えています。

宗教的な瞑想は色々な決まりがあるのだと思いますが、私たちの目的は「心配、恐れ、怒り」などの不要な思いを出さないことですから形にこだわらなくてもいいと思います。無心になれること=瞑想と考えて頂ければいいかな。例えば好きなことをやっているときには夢中になって時間があっという間に過ぎますよね。あとはお料理で千切りをしている時やお掃除でいうと拭き掃除などの繰り返し作業は無になれますよね。そういうものです。絵を描いたり、楽器を弾いたり、運動をしたりするのもいいですね。

「心配、恐れ、怒り」の思いを出来事の元、花の種と例えると日光や水などの必要な条件が揃えばグングン育って「心配をするような出来事、恐れを抱くような出来事、怒りを持つような出来事」という花を咲かせます。そして条件とは「強く信じている観念、勘違い、たまたま」だったりします。
それなら「楽しい、嬉しい、ありがとう」の種を撒いて花を咲かせたいですよね。そういう意味でも「自分ファースト」「自分を満足させること」をしていい思いを持つ方がいいですよね。

そして2つめ、エネルギーの増進です。これは間違いなくエネルギーワークの事を指していると思います。私たちが顕在意識の中で考える範囲で行動するのと潜在意識の中から変容させてくれるのとでは変化のスピードが違います。エネルギーワークがちょっと気になるという方はハイヤーセルフからのメッセージかもしれません。ただアチューンメントは簡単に決断できるお値段ではないというのもわかります。そこも本来の自分になるという聖なる目的のために自分に使うことができるかどうかという最初のハードルとなります。家族のためにしか使えないという方は「自分は我慢すべき存在」「自分に使うのはもったいない」という自己否定がありませんか?エネルギーワークでなくてもいいので自分が楽しめることにお金をかけることをしていくといいと思います。楽しさの種をたくさん撒きましょう。
 

 

 

 

 

 

前の記事
  ブログ一覧へ戻る

  次の記事